「ロングライフデザイナー」

今から15 年ほど前、ナガオカケンメイさんが編集発行されている「d long life design」という冊子にエッセイを寄稿していた事があります。

事務所に来てくれたナガオカさんから伺った雑誌の主旨は『中学生の人が読んでも理解出来る文章でプロダクトデザインの何たるかを書いて欲しい。』というものでした。

その主旨を端的に表現すべく書いたのが「中学生のためのプロダクトデザイン入門」でした。

恥ずかしい話ですが、『人と人の関係の上にデザインが成り立っているのです。』という箇所を読み返すと涙が出て来ます。

それはたぶんデザインだけではなく「仕事の本質」だと思います。

「ロングライフデザイン」があるのならデザイナー自身もまた「ロングライフデザイナー」ではなければいけないと思っています。

そして15 年前の文章が今もって本質的な事を語っているなら「ロングライフデザイナー」の一つの証明にもなるかと思い今回ホームページに転載させて頂きました。

ページトップへ戻る