血液分析装置

血液分析装置

(2015)
※掲載画像は 2018 年までのモデル

2018年に株式会社堀場製作所に事業継承され、ボディカラーなどグラフィックデザインが当初より変更されている

「血液一滴から精度の高い検査が可能になる」というのがこの製品です。 医療機器のデザインで重要なポイントは、通常の工業製品と異なり「使う側」だけでなく「使われる側(検査される側)」の気持ちに寄り添う事です。 病気が早期に見つかる事は大事ですが、そう判ってしまった時の不安な気持ちを考えなくてはいけません。 そういった意味でこの製品デザインは「やさしく相談を聞いてくれる信頼できるドクター」の具象化です。 柔らかさと「芯」のあるカタチはそこから生まれました。

ページトップへ戻る