省力型フードレスLED車両灯器

省力型フードレスLED車両灯器

信号電材(2017)

信号機のデザインはLEDの進化とともにそのカタチを大きく変えました。 2017年に登場したこの新型は、従来30㎝だったランプが25㎝になり、特徴的だったひさし(フード)が消えました。この事は一般の人が感じる「信号らしさ」から離れる事を意味しています。その新しいカタチに馴染むまで時間がかかるでしょうが、なによりのメリットは「空の広さ」です。 信号の向こうに空が広がる景色は清々しいものがあります。

ページトップへ戻る