湯のみ「80mm」

湯のみ「80mm」

セルフプロデュース

お茶が好きな自分に向けてデザインしたものですが、見た目はただの「円筒形」で、それでいて茶渋がつき難いように底を「丸く」デザインしました。 この「円筒形」なのに内側の底が丸い不思議な湯のみを実現したいと相談したセラミックジャパンの大橋さんから提案して頂いたのが「二重構造」でした。 この事によって「熱いお茶でも持てる湯のみ」が世に誕生しました。 名前の由来は「高さと直径がどちらも80mm」であるところから来ています。 「80mm」にどれだけの根拠もありませんでしたが、女性には「太め」かと思い「76mm」という試作も作りましたが、すっかり小振りになってモノとしての存在感がなくなってしまったので80mmに戻しました。

ページトップへ戻る